ブログ三面記事 5 みんな頑張っている・・・焦り 黄色い世界 ひまわり

台風の予測はつきにくいですね
注意しましょう
沖縄大丈夫かな?
米軍機もグァムに避難したとか・・・
愛媛では、すでに斜面が崩れました


画像


後輩が岡山に帰るとき東京駅で遭遇したらしい
鉄道ファンだらけの中、撮影 (駅のアナウンスでは注意を呼び掛けていたらしい)
偶然会うと幸運が訪れると噂のドクターイエロー

画像


【ネット】「カエルの幼虫がここまで巨大化するとは、放射能の影響が深刻」鴨川のオオサンショウウオ画像みた反原発派がツイート

■「こういう巨大化した生物が、原発を全廃するまで満ち溢れるだろう」

鴨川でのオオサンショウウオの目撃情報は、2014年7月3日夜からツイッターで投稿され始めた。5日未明には、 「今朝、鴨川にもののけ…オオサンショウウオがいました!デカ過ぎる!!」という文章とともに、オオサンショウウオが道を這っている写真が投稿され、その大きさに驚いたユーザーが次々と拡散していった。

このオオサンショウウオの写真が、プロフィールに「反レイシズム・反ヘイトスピーチ・反原発・反戦」と 書かれているあるツイッターユーザーの目に留まった。ユーザーは7月5日、写真を引用した上でこう投稿した。
「カエルの幼虫がここまで巨大化するとは・・・やはり日本中で放射能の影響が深刻してるようだ・・・」
「このカエルの幼虫が成虫になったら、犬や猫、下手したら幼虫の人間まで食われるかもしれない。
こういう巨大化した生物が、原発を全廃するまで日本中に満ち溢れることだろう。
これでも反・反原発派の連中は、原子力にしがみつくつもりか!?」(いずれも原文ママ)

これらのツイートが他のツイッターユーザーに見つかり、7月6日昼過ぎから急激に拡散され、 「どっからどう見てもオオサンショウウオだろ」「カエルとオオサンショウウオの区別もつかんのか」
「冗談ですよね?国の天然記念物をご存知でない?」などとリプライが寄せられた。

■「俺はここで消えるが、これで終わったわけじゃない!」とアカウント削除

「カエルの幼虫」ツイートをしたユーザーは急に拡散されたことに驚いたようで、「おい!なんなんだよ!
これ!アベk(原文ママ)!?公安か!?」「備忘録 14時頃からサイバー攻撃を受けている」などとツイートしたが、 これに対しては「あなたの不適切な発言による炎上でしょう」と諌めるリプライが寄せられた。

「オオサンショウウオはカエルとは違います。これで成体です。なお、オタマジャクシはカエルの幼虫でなく カエルの幼生が言葉としては適切です」という丁寧なリプライにも、「そんなの見たことないから知るわけないよ。
センターは化学と物理だったし」と返し、さらなる失笑を買うことになった。

結局勘違いに気付いたらしいユーザーは、7月6日中に 「どうやらカエルの件は俺の早とちりだったようだ。その事自体は特に恥じることもないが、 それにかこつけて反原発派を批判中傷する輩が増えているため、俺はここにこのアカウントを削除する事を 宣言する。俺は一時消えるが、これは決して敗北ではないことを理解して欲しい」 「俺を批判するのもいい、俺をあざわらうのもいい。だがしかし!それを理由にして反原発運動や 反戦、反ヘイトをあざ笑うことは決して許さない!それだけは覚えておけ!!俺はここで消える!
だが、これで終わったわけじゃない!おれはいつか必ず帰ってくるぞ!!」
との捨て台詞を最後にアカウントを削除してしまった。

一部抜粋、全文は引用元記事で
http://www.j-cast.com/2014/07/07209797.html?p=all

画像


【集団的自衛権】若い世代は国内の反日メディアに同調せず…朝日新聞など一部の過激な報道はそれへのイラ立ち

「東アジアで集団的自衛権を認めないのは、中国共産党と日本共産党、社民党だけだ」
マイケル・グリーン米元国家安全保障会議アジア上級部長は、自民党議員にこう語ったという (産経新聞、6月14日付)が、正確な分析だ。

中韓両国を除くアジア諸国は、わが国の集団的自衛権の行使容認を支持している。

6月には、フィリピンのアキノ大統領と、オーストラリアのビショップ外相が、
5月にはシンガポールのリー・シェンロン首相と、ベトナムのダム副首相が、
4月にはマレーシアのナジブ首相が、昨年9月にはタイのユタサック国防副大臣が、
同年1月にはインドネシアのユドヨノ大統領が、それぞれ支持を表明している。

いずれも、中国の台頭に手を焼く「被害者の会」のような諸国だ。
アジアの平和と安定のためには、日本のこれまで以上の貢献が必要とみている。
今日のアジア情勢を踏まえた常識的かつ現実的な判断だ。

だが、日本の一部メディアや勢力の見方は違う。
安倍晋三首相を「国民の敵」に設定したいようだ。
特に、朝日新聞は連日、「戦争になる」「徴兵制になる」などと読者の不安をあおり続けている。

政治面だけでなく、「さて閣下あとは開戦待つばかり」(7月2日付「朝日川柳」)、
「暦を1枚めくるともう戦後ではなかった。理性も良心もかなぐり捨てて。
自衛隊発足60年の日からの新たな戦前」(同1日付夕刊「素粒子」)、 「『教え子を戦地に送るな』と声を上げた小学校教諭の男性(45)は大分県から夜行バス で駆けつけた」(同1日付夕刊社会面)-。官公労中心の抗議活動の写真も掲載している。

現行憲法は、第2次世界大戦敗戦後の占領中、日本を連合国共通の「敵」とする「ポツダム体制」 の下で作られた。9条はその趣旨を固定するものだ。
だが、東西冷戦が始まり、「ポツダム体制」は壊れた。占領が終わり、日本は主権を回復し、 新たな国際秩序「サンフランシスコ体制」に復帰した。
そこでは日米は敵対関係ではなく、同盟関係となった。
自衛隊と日米安保条約はそこに位置付けられるものだった。

憲法とわが国が属している国際秩序とは、その立脚する原理を異にする。
本来であれば、主権回復した時点で憲法は改正されるべきものだった。
実際、何度も試みられた。が、その都度、旧社会党など社会主義勢力と一部メディアに阻まれた。
今日、集団的自衛権の政府憲法解釈に変更に反対しているのはその嫡流だ。

若い世代は彼らに同調しない。ネットで世界の現実を知り、メディアを疑ってみているからだ。

一部の過激な報道は、それへのイラ立ちと見てよいのではないか。
ともあれ、わが国は大きな一歩を踏み出した。正念場となる国会論戦を注視したい。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140705/dms1407050830001-n1.htm

関係ないけど 『いずも』

画像


【経済】家計寒い、値上げの夏…消費増税に続き食卓直撃


原材料価格の高騰を受け、食肉大手各社は今夏、ハムやソーセージを値上げする
(7日午前、大阪市福島区のイオン野田阪神店で)=若杉和希撮影
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140707/20140707-OYT1I50006-L.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140707/20140707-OYT1I50007-L.jpg

 菓子やハム、乳製品など暮らしに身近な加工食品の値上げが今夏、相次ぐ。

 原材料価格の高騰が原因だが、今年は4月に消費税率が引き上げられたばかり。メーカーや小売り各社は、消費の冷え込みを抑えようと知恵を絞っている。

 ◆豚病気・天候不順

 7月から9月にかけて、食品大手各社が、様々な食品の出荷価格の値上げに踏み切る。

 例えば朝食の食材では、ハム・ソーセージを日本ハムなど食肉大手4社が7月から8月にかけて、平均10%値 上げする。国内外で流行している豚流行性下痢の影響などで、豚肉の相場が上昇しているためだ。

 バターは、雪印メグミルクが7月から約2%引き上げる。天候不順で牧草の収量が減っているうえ、国内の酪農 家の離農が相次ぎ、生乳の生産量が減少していることが響いたという。生乳価格の上昇を受け、アイスクリーム やチーズも引き上げられる。
(以下略)

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140707-OYT1T50052.html

パクリすぎ
画像


【マスコミ】 芸能人裁判、保釈現場でいつもコメント テレビでおなじみ「謎の女性」がネットで話題 [J-cast]


逮捕された芸能人が保釈されたり、裁判が開かれたりする際に、テレビの情報番組では警察署や裁 判所の前で待つファンの姿をよく映し出している。
メディアの取材に応じてコメントする人もいるが、その中に「いつも登場する女性」がいるという。いった い誰なのか、まさかテレビ局の「仕込み」か……。正体を巡って謎が広がっている。

■ASKA保釈でコメントした女性は押尾学やのりピー裁判でも

「いつもの人だな」
「芸能事務所の人なのかな」
「どんだけこういう場に行ってるんだよ」
このようにインターネット掲示板で話題になっているのは、ある女性だ。
2014年7月5日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)は、覚醒剤取締法違反(所持、使 用)などの罪で起訴された、歌手のASKA(本名・宮崎重明)被告が3日、勾留先の警視庁東京湾岸署か ら保釈された様子を伝えた。このとき、ファンと称してひとりの女性が登場し、「更生していい曲を届けて ね」とASKA被告に対するメッセージを送っていた。実はこの人物、別の芸能人の類似の報道でもメディ アの取材を受け、放送されていたようだ。
2009年に覚醒剤取締法違反、保護責任者遺棄で逮捕、起訴された歌手の押尾学受刑者。判決が出 される日に、「情報ライブミヤネ屋」(TBS系)の中継は、裁判所前で「ASKA保釈」のときに聞いた女性に コメントをもらっていた。「ミヤネ屋」では、覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた歌手、酒井法子さん の裁判の後でも、この女性にインタビューしている。
芸能人だけではない。首都圏連続不審死事件で逮捕、起訴された木嶋佳苗被告の裁判を、この女性 は傍聴。終了後にはマスコミに囲まれながら、死刑判決が出たときの木嶋被告の様子を語っていた。
ネット上では、女性がインタビューに答えるそれぞれの画面を見比べて、「なぜいつも同じ人が答えて いるんだ」と不思議がる声があがっている。出回っている画像がTBSの番組のものが多いため、テレビ 局が「コメント要員」として事前に準備したのではないかと疑う声も出たほどだ。
女性はいったい誰なのか。(続きはリンク先で)

2014/7/ 7 18:42 -CASTニュース http://www.j-cast.com/2014/07/07209820.html

関連画像
http://i.imgur.com/K85fPJM.jpg
http://22.snpht.org/140703192234.jpg  スタンバイしてるとこが他局のカメラに映りこむ
http://i.imgur.com/WfwL3vA.jpg
http://blog.livedoor.jp/gamematometa/archives/9395863.html

画像


後輩です。
先輩達は現役引退が多いのですが後輩達は頑張っています。


画像


岡山全日空ホテル 総料理長
同じ会社で仕事をしていたとき、私はバンケットが、彼は仕込場が長かった
仕込場の仕事が終わった後、自分で氷を買っておいて練習していました
1本 \3,500だったかな?(135㎏)
二十歳代がほとんどなのに現役とは珍しい


画像


画像


私の師匠なんて途中まで私に彫らせて仕上げるだけでした(粗彫り)
(下手な間は動物園でデッサンしてこいと!やらせてくれていたのね!)


画像


画像


画像


画像


画像

          このイカは彼の師匠の作品

スイカで

画像


画像
センスええやないか~♪

岡山ではテレビなんかでも料理番組で人気があるらしい

画像


画像


画像


あいTVでもやっていたのか!見たことないや。

画像


画像


画像


画像


画像
これ反則!一時Facebookのプロフィールに使ってた。

マグロ包丁・・・名刀『長船』らしいが、聞いたことない。

画像


画像


デスクトップの背景にコメットさん、オチャメな一面

画像


昨年秋の同窓会?


画像


画像


画像



みんな頑張っているわけで、自分を見つめると、ちょっぴり悲しくて・・・・
もう一発花火を打ち上げ、花を咲かそうかな!なんて。。。
どんな花がいいかな~など、どうでもいいわけで・・・
家、近所の市民農園で

画像


画像


画像


画像


画像


ガキの頃見て解らなかった映画の一つ



    
    

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村