soはダメよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 審判も大変

<<   作成日時 : 2014/06/14 10:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

問題がどんどん大きくなります。

W杯開幕戦、西村主審は誤審をしたのか?“大会第1戦”の意味とクロアチア監督が批判した理由
フットボールチャンネル6月13日(金)14時4分
画像:W杯開幕戦、西村主審は誤審をしたのか?“大会第1戦”の意味とクロアチア監督が批判した理由
フレッジはわざと倒れていたように見えたが…
 世界中が注目していたブラジルW杯開幕戦。地元ブラジルの相手はクロアチア。ホームで圧倒的な声援を受けたブラジルはオウンゴールで先制を許すも、その後3得点。逆転勝ちした。
 この試合、話題になったのはブラジルの2点目。これはネイマールがPKを蹴りこんだもの。PKを与えた判定に、クロアチア側は猛抗議。試合後も主審を務めた西村雄一氏の誤審ではないのか、という意見が多数出た。
 私はこの判定は誤審だとは思わない。確かに倒されたブラジルのFWフレッジはわざと倒れこむようなずる賢いプレーをしていた。だが、倒したクロアチアのDFロブレンの手がフレッジにかかっていたのも事実。映像を見返すと、腕を掴んで妨害しているのが分かる。
 ルール上は何ら問題がない。フレッジのシミュレーションとも言えるが、ロブレンに腕を掴まれたことにいち早く気付き、上手く“倒れた”プレーだった。あれで笛を吹かないレフェリーもいるだろうが、PKとしたところで、「誤審だ!」と批判するのはナンセンス。
 ジャッジの基準は国や大会によって異なる。あのプレーは、イングランド・プレミアリーグであればノーファウル。むしろ倒れたフレッジに主審が「立ちなさい」とジェスチャーしていただろう。
 試合中、西村主審は何度も選手たちに注意をしていた。正確なことは本人に聞かないと分からないが、通常だとこのような注意は「ここまでやったらファウル」「気をつけなさい」といったものだ(FIFAのルールで審判への接触は禁じられているため、事の顛末は大会後に取材するしかないだろう)。
 にもかかわらず自身がプレーするプレミアリーグのように腕を掴んでしまったロブレンは少々不用意とも言える。ギリギリのところで体を張らなくては守れないので、間違ったプレーとも言えないわけだが。
開幕戦の意味とクロアチア監督が批判した理由
 開幕戦でのジャッジには大きな意味がある。この大会の基準を示す、というものだ。西村主審のジャッジが今後の基本路線となり、各チーム意識しなければならない。つまり、ペナルティエリアの中で「あのロブレン程度の腕の掴みはファウル」ということだ。
 逆に言えば、あそこでノーファウルとすれば、「多少の接触はOK」という認識でいいと言える。開幕戦は「基準を示す」という側面があり、どちらの判定を下していても批判はあっただろう。難しい試合だった(だからこそ力のある西村氏が選ばれた)。
 クロアチアの監督は試合後に西村主審を強烈に批判した。あのPK判定が、自分が率いるチームの勝敗を左右したのだから、理解できる。だが、監督がレフェリーを批判する場合には別の意味も含んでいる。
 それは「選手を守る」ということだ。負けた原因は多々ある。シュートミス、戦術ミス、マークのミス……。あげればキリがない。しかしながら、これをいちいち指摘していては選手たちの士気に影響する。
 W杯は長期戦だ。次の試合もある。「敗れたのはジャッジミスであって、自分たちが弱いわけではない」。このようなメッセージを選手たちに伝えているのだ(また、監督によっては国民からの批判を避ける目的で言う人もいる)。
  ジャッジの基準は国や大会によって異なる。あのプレーは、イングランド・プレミアリーグであればノーファウル。むしろ倒れたフレッジに主審が「立ちなさい」とジェスチャーしていただろう。
 試合中、西村主審は何度も選手たちに注意をしていた。正確なことは本人に聞かないと分からないが、通常だとこのような注意は「ここまでやったらファウル」「気をつけなさい」といったものだ(FIFAのルールで審判への接触は禁じられているため、事の顛末は大会後に取材するしかないだろう)。
 にもかかわらず自身がプレーするプレミアリーグのように腕を掴んでしまったロブレンは少々不用意とも言える。ギリギリのところで体を張らなくては守れないので、間違ったプレーとも言えないわけだが。
開幕戦の意味とクロアチア監督が批判した理由
 開幕戦でのジャッジには大きな意味がある。この大会の基準を示す、というものだ。西村主審のジャッジが今後の基本路線となり、各チーム意識しなければならない。つまり、ペナルティエリアの中で「あのロブレン程度の腕の掴みはファウル」ということだ。
 逆に言えば、あそこでノーファウルとすれば、「多少の接触はOK」という認識でいいと言える。開幕戦は「基準を示す」という側面があり、どちらの判定を下していても批判はあっただろう。難しい試合だった(だからこそ力のある西村氏が選ばれた)。
  西村主審のジャッジは疑惑の残るものだったが、ある意味仕方がない。グレーの部分を「ジャッジ」するのが主審の役割だ。クロアチアには不運であったが、それ以上のものではない。今後も堂々とジャッジして欲しい。
【W杯・試合採点】ブラジル対クロアチア(グループA)
スペイン連覇か? 王国ブラジルが地元で意地を見せるか!? はたまた…。W杯優勝国を大予想!!
ブラジルへ向かう“もう一つの日本代表”。西村雄一レフェリーが挑むベテランとしてのW杯


西村雄一主審のPKジャッジは正しかった 証拠映像 誤審説を・・・





抜粋:FIFAはワールドカップのペナルティに関し、日本の審判を擁護
http://www.pmnewsnigeria.com/2014/06/13/fifa-defends-japan-referee-over-world-cup-penalty/

私には読めない。

ღ紫陽花の時計ღ




スペインvs オランダ 1− 5


アロンソPKゴール!スペインVSオランダ 2014ワールドカ


http://pa.dip.jp/jlab/e/s/pa1402687699460.gif

http://i.imgur.com/uCc4IME.gif

スペイン 1-5 オランダ ハイライト




ニュースのコピペでした。


W杯は毎回審判のジャッジが話題になりますが、どうでしょう。
審判も辛い?

マラドーナの神の手が懐かしい。

はたして日本はどんな戦いをするでしょう?


画像


画像

    

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本旗



シャボン玉飛んだ







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
虚心坦懐! 平常心で 頑張ってもらいましょう!!
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2014/06/14 12:39
高忠氏 ありがとうございます♪
私は臥薪嘗胆でございます。
(/´Д`)/Heeeeeeeelp!!!!!
春夏冬
2014/06/14 19:23
審判も大変 soはダメよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる